クレジット契約とは


クレジットの契約とは、分割での支払いを意味しています。

クレジット契約とは、高価な電化製品を買いたいけれど、今持っているお金が足りないという時に販売店で契約ができるというものです。

その販売店が提携をしている信販会社が、クレジット契約を結びます。

クレジットの手続きを行うと信用審査を行った上で、返済可能な顧客だと判断されれば支払いをしてもらえます。

電化製品の決済自体は終了したことになり、利用者は信販会社に肩代わりしてもらった電化製品の支払いを行うことになります。

クレジット契約には翌月一括払い、分割払い、リボ払いなどがあるので、消費者の希望によって支払い方法を選ぶことができます。

クレジット契約は大別して2つあります。

事前に審査を受け、返済条件や貸し付け上限金額を決めておいてクレジットカードをつくっておくのが包括クレジットです。

一方、商品を購入する度に信販会社から審査をしてもらい、支払いをしてもらうものを個別クレジットといいます。

まとまった現金がなくて支払いができないけれど必要としているものがある場合などは、クレジット契約を活用することで、必要なものを購入することが可能です。

クレジット契約によって、利息ぶんが加算されて結果的に支払い額か高くなる可能性があります。

クレジット契約をする際は、事前に確認するようにしましょう。