FXと為替レート


FX取引を行う際には、為替相場が成否の鍵を握っています。

為替レートとは、ある国ともう一つの国の貨幣を取引する時の比率です。

為替レートは、経済指標や世界情勢などで、常に変動し続けています。

レートがどう変わっていくかを見極め、通貨が安い時に買って高い時に売ることで、FXでは取引差益を上げていきます。

相対取引という取引方法がFXでは用いられています。

為替相場や取引量がある範囲内である時にできるものです。

世界中のいろいろな国で、FXの相対取引をしています。

為替レートとは一つではなく、通貨と通貨の組み合わせ毎に存在います。

為替の相場には決まったものはなく、経済情勢などで常に変動しています。

通貨を高く売りたい人、安く買いたい人、それぞれの動きでレートは決まっていくため、情勢に応じてレートは変わります。

手持ちのユーロを別の通貨にしたいので、今すぐできるならレートが悪くても取引に応じるという人もいる場合があります。

取引条件がいい時になったら、ユーロを保有して今持っている通貨を売りたいという状況もあります。

FXでは為替レートはとても大切ですが、かならずそのレートで売買されるかと言うとそうではないのです。