為替スワップポイントの注意点


為替取引を行ったことで生じた金利差のことを、スワップポイントといいます。

二つのことを知ることで、スワップポイントのことがよりわかるといいます。

スワップポイントは、通貨の金利差によって生じるものであるということがまず重要です。

つまり、通貨の金利が変わることによって、スワップポイントも変動します。スワップポイントは、より高金利通貨を持っている時につきます。

もしも日本の金利が米ドルよりも高くなったら、ドルを買うとスワップはつかず、逆に支払わなければなりません。

スワップポイントを目当てに、金利の高い通貨を買う人は少なくありませんが、何かの契機に金利差が変われば、当てにしていたスワップポイントは入りません。

もうひとつはレバレッジの問題です。

もともとの投資金額に関係なく取引金額に対して計算されるのが為替スワップポイントの特徴です。

証拠金を5万円だけしか入れていない状態で1万ドルを買ったとします。

1年間そのままでいることができれば、今のままなら5万円のスワップポイントが見込めます。

スワップポイント的にはプラスになるように見えますが、レバレッジが高ければそれだけ含み損に耐えきれませんので、数円でも相場が下がれば、取引が強制終了されてしまうでしょう。

数円しか余地がない中で、1年間同じドルを保有し続けることは、ほぼ無理だといっていいでしょう。

時に予想外の為替変動が起きることもありますので、いざとなったら資金追加をしても間に合わないかもしれません。

スワップポイントよりも、取引レートの変化の方が、取引利益に与える影響は大きくなりがちです。

為替スワップポイントを長期的に得ようとする場合には、かなりレバレッジを低めにして資金的にも余裕を持って取引したほうが良いでしょう。