為替取引の予約とは


為替の予約という取引方法がありますが、一体どのようなものなのでしょう。

予約とは、為替取引を行う際に相場が予想外の動きなどによって損が大きくなった時に備えてしておくリスク分散方法です。

今のうちに、為替レートがある数字になったら取引をするという設定をします。

ただし、固定の数字を今のうちに決めておくという類のものではないようです。

先物予約レートという為替予約のための相場があります。

この取引にはどういったメリットが存在するでしょう。

為替予約は将来の取引レートを決定することです。

想定と異なる為替の変動などで、外貨を持っていると含み損が大きくなるような状況であっても、為替レートを決めておくことで損失なく取引をすることが可能です。

例えば、米ドルで10万ドルの支払いがあるという輸出企業が、為替予約を利用するケースがあるとします。

支払いまで一カ月待たなければならいなという場合は、一カ月後の為替レートの変動で入金額が左右されます。

もしも、一カ月後が今よりも円高であれば、支払い額が増えてしまって会社としての損になることがあります。

1ヵ月後が円高であれ、円安であれ、今のうちに為替予約をしておけば10万ドルは予約をした時の予約為替レートによって取引をすることが可能です。

為替の予約を活用することによって為替変動のリスクが回避できるといえます。