不動産投資とローン返済


不動産投資をするためには資金調達のためローンを組むことが基本です。

もし思い切って、アパートやマンションごと投資するのであれば、かなり高額な融資となります。

金融機関からはそれなりの条件が出てきます。

上場企業に勤務している方や公務員など比較的収入が安定している人はローンも組みやすいものです。

独身者や、会社勤めの年数が浅い場合は問題になります。

連帯保証人にも保証力が必要ですから、独身の人が親を保証人に使用としたとしても、高齢である等の理由で拒まれることがあり得ます。

ローンの貸し手は、万が一の焦げ付きに備えるため、借り手が投資している不動産を担保として抵当権を設定する場合がほとんどです。

古いアパートのような資産価値の低い物件は、ローンの組める金額が少ないケースもよくあります。

不動産投資の場合、投資している人はいわゆる大家さんに当たるので、物件のローン返済だけではありません。

修繕など維持費として、突発的なことにも対応できるよう、ある程度の手持ちのお金も必要になります。

不動産投資を行なう場合、通常、なるべく早くローンの返済を終わらせるべきです。

そうはいっても、貯金を全然していないようではいざというときに大変なことになってしまうので、ローン返済とバランスを見ながら貯金をしましょう。

不動産への投資であっても、ローンによって資金調達をした場合は、返済の金額や期間は無理ない範囲で決めた方がいいでしょう。