クレジットカードの手数料を支払うメリット


どんなメリットがクレジットカードの手数料を支払う場合にはあるのでしょうか。

買い物をカード会員がクレジットカードでした場合、利用料金を代わりにその場で払うのはカード会社ということになります。

クレジットカード会社が利用料金を代わりに支払うのは、利用料金が口座から支払われる日までに、カード保持者が自分の銀行口座にお金をいれておいてくれるという信用から成り立っていることによります。

だいたい利用代金の3~7%ほどに決められている加盟店手数料というものを、信用の証明として代わりにカード会社に払うのが加盟店のほうです。

手数料を支払う必要のある加盟店は、買い物をカードでするお客のときには若干儲けが減ることがあります。

現金を持ち合わせていない客や、高額商品の購入をあきらめてしまうといった売り逃がしを減らすことができるメリットもあります。

結果としてクレジットカードのおかげで店の利益は増加することになるといえるでしょう。

少しクレジットカード手数料を支払っても、利益はアップするので利用する価値はあるのです。

なかなか現金だと購入できなくても、クレジットカードの場合には思い切って買うという人も多いようです。

クレジットカードには、今いるお客を取り逃がすことがないという利点が店側にはかなりあるといえます。

利用した料金をクレジットカード会社に代わって支払ってもらうクレジットカード会員に対する手数料がクレジットカードの利用手数料だといえるでしょう。

クレジットカード会社は、加盟店からは加盟店手数料と引き換えに、売上げアップのメリットをクレジットカード会員にはクレジットカード手数料と引き換えに、商品を購入しやすくするメリットを与えているというわけです。