ローンシミュレーションとは


ローンシミュレーションとは、基本的にはローンを組む時に、利率、期間、借り入れ金額を元に毎月の支払額がいくらになるか調べることです。

ローンの総支払額がいくらになるかも確認できるようになっています。

ローンシミュレーションは特に金額の大きい、例えば家を購入する時のローンや車を購入する時のローンなどに利用される事が多いようです。

特に、住宅を買うために組む住宅ローンでは、借り入れの額が大きくなる以外にも問題があります。

住宅購入ローンは、返済の条件によって返済総額が大きく変わります。

ローンの返済期間が長期であるためです。

毎月の返済額がどれだけになるかをシミュレーションしてみることができるのは、たいへん便利なやり方だと言えます。

ローンを組んだ後の生活費や貯金などについて考える際にもシミュレーションはとても大事です。

ローンシミュレーションをしてみて、毎月の支払い額がわかります。

生活費を差し引いた金額が、余っている分になります。

そしてローンを組んでしまう前に、この余っている金額の中から、いくら貯金するかや教育費はいくらか回すのかといったことを、考えておくのが重要です。

転勤や転職、子供の進学や結婚など、組んだローンの返済期間が長くなるほど、収入に大きく関わってくるような要因が増えてきます。

ローンを組む際にはシミュレーションを必ずしておくことをおすすめします。