為替レートが円安になった時のメリットとデメリット


円相場が円安方向に動いた時に,国内産業にもたらされる利点は何でしょう. 

円安は,輸出企業の売上げが伸びるチャンスです. 

円安になれば,輸出企業は価格を下げることができ,価格競争の面で有利な立場になり,結果として売上を伸ばすことができるのです. 

円安になると輸出企業は生産の増加に伴い,雇用や賃金の環境が良くなります. 

株価も,円安に連動して活性化するといいます. 

海外の投資家は,自国の通貨高のメリットから円安である日本の株に注目し,買い注文が幅広い銘柄に集まります. 

株価全体が底上げされ,企業はどんどん元気になっていきます. 

為替レートの円安にはデメリットもあります. 

円安で打撃を受けるのは,輸入産業です. 

輸入品を高く売らなければならなくなるためです. 

円安になると原油の仕入れ値が上昇します. 

原油の価格が高くなれば,ガソリンや灯油の価格が上昇するほか,電気やガスの料金も高くなります. 

円安進むと輸入品の価格が上昇するので国内生産の商品も一緒に上昇してしまいます. 

仕入値が上がれば商品の価格に転化されるため,消費者がものを買いづらくなります. 

消費者は生活必需品以外の贅沢品や耐久品をあまり購入しなくなるのです. 

為替レートの円安にもメリットとデメリットがあるのでよく理解しておきましょう.