FXで活用する為替チャートとは


資産運用の手段としてFXを利用する人が増加しています。

FXで鍵を握るのは、チャートをどう読むかです。

取引に欠かせない為替チャートとはどのようなものなのでしょうか。

為替チャートはFX取引を成功させるために大変重要なものですので、しっかりと学ぶ必要があります。

テレビを見ていると、円高、円安などの単語をよく目にします。

円高にしろ、円安にしろ、FX取引で差益を出すにはきちんと理解しておかなければならない事柄といえます。

今後の動きを予測するには、過去の為替の動きをグラフにした為替チャートというものが役立ちます。

為替チャートにはいくつか種類があります。

日々の終値だけを折れ線でつないだのがラインチャートです。

中値や始値でつくるラインチャートもあります。

欧米ではバーチャートという名のチャートがよく使われます。

最高値、最安値、始値、終値がわかります。

日本でできたのがロウソク足チャートです。

4本値が視覚的にとらえやすいもので、FX取引ではこのロウソク足チャートがよく参考にされています。

為替チャートを作るときにはどのような時間軸で描くかも大事になってきます。

時間の区切り方は様々ですが、例えばロウソク足チャートならば、時間足チャート、日足チャート、月足チャート等といいます。

FXトレーダーのトレードスタイルや戦略によって使い分けられています。

FX取引きを成功させるためには為替チャートについてしっかりと学ぶことが大切だといえるでしょう。