為替レートの円安と円高


円安,円高という言葉は,円の為替相場に関するニュースなどでよく聞く単語です. 

円安とか円高とは,どのような状態をいうのでしょうか. 

円安というのは円の価値が下がっていることを意味しています. 

アメリカで売られていた1ドルのキャンディーが,日本円で80円で買えたのが,90円出さなくては買えなくなったというような場合です. 

円安になったという状況は,こういう為替の変わり方をします. 

円安が進むとアメリカで日本の製品が安く買うことができるので,日本からの輸出が増える傾向にあります. 

日本では,アメリカからの輸入品の値段が上がり,購買意欲が下がりますので輸入が減少することになります.

この反対に,円の価値が相対的に高くなることが円高です. 

1ドル100円だったものが,1ドル95円になったというような場合は,円高です. 

円高になると日本にお金が集まることになります. 

日本の債券市場や株式市場も人気が高くなる傾向があります. 

アメリカ人がドルで日本の株を買う場合を考えると,株相場の変動に加えて,1ドル120円から1ドル100円になれば,為替レートの差も入ります. 

外国人の投資家が,日本の株式の投資する場合には,為替レートも日本に投資するかどうか決める重要な要素だといえます. 

為替レートの円高と円安についてきちんと理解しておくことは,投資をする場合にも非常に重要なことだといえるでしょう.